2007年08月10日

無料メールアドレス取得はおいしい

スポンサード リンク

その昔、メールアドレス取得するということはプロバイダからメールアドレスをわけてもらうということでした。メールアドレスを使い分けたい、家族個人でメールアドレス取得したいと思っても、オプションの追加料金を払う必要がありました。

無料メールアドレスはyahooをはじめとして昔からいくつかあったものの、無料というだけあってセキュリティが甘いとか使い勝手が悪い、保存容量が少ないなどの制限がありました。

しかし、今や無料メールアドレスは有料のものに負けないくらい使い勝手もよく、機能も満載で、保存容量もギガ単位のものがいくつもでています。

無料メールアドレス取得によるメリットはいろいろあります。
私もyahoo、google、gooなど無料メールアドレス取得しています。特に使っているのはyahooですが、何が便利かというと、インターネットが使えるところならどこからでもメールチェックできるところです。

プロバイダのメールアドレスは一般的にパソコンにあるメールソフトでメールを閲覧するわけですが、特定のパソコンからしかメールを見られないのが多くの人たちの実態です。
それに比べて、無料メールアドレスは基本がブラウザによる閲覧です。これはメールソフトに比べて使い勝手は落ちるものの、フィルタ機能、検索機能、迷惑メールフィルタ機能などが標準装備されているので特に問題ありません。
自分のパソコンを持って歩いているならともかく、そうでない人で外出先や旅行先からもメールが見たい人は無料メールアドレス取得すべきでしょう。
ちなみに無料メールアドレスでも、パソコンのメールソフトで見ることもできます。


無料メールアドレス取得のメリットは、コンピュータウイルスに感染しにくいことが挙げられます。
プロバイダのメールアドレスはほとんどパソコンのメールソフトで見るわけですが、これはメールをパソコン全て取り込んでからメールを確認する行程なので、悪意のコンピュータウイルスも取り込んでしまうことになります。 しかもコンピュータウイルスの中には、メール本文を開いただけで感染してしまうこともあるので、セキュリティソフトなどで万全な対策をうつ必要があります。
無料メールアドレスでは、メールの保存はサービス提供者のサーバですし、メールの閲覧もサーバで開いたものをブラウザ越しに見ることになるため、ウイルス感染の危険性は低くなります。


無料メールアドレス取得で収入激増!とタイトルに書きましたが、今はインターネットでお金を稼げる時代。メールアドレスもブログも無料取得、設置できます。しかも手軽に。
さらにアフィリエイトというお金を稼ぐ手段も盛んになっています。これも無料で登録できます。
細かいノウハウはここでは触れませんが、アフィリエイトでお金を稼ぐには、メールアドレスは必須です。以前は無料メールアドレスでは登録できないところもあったようですが、今では無料メールアドレスの利用はごく普通になっているので、ほとんど問題なく登録できます。
あとは正しくコツコツ取り組めば、収入が激増するのは夢ではありません。

無料メールアドレス取得のメリットについて他にいくつか挙げると、一人でいくつもメールアドレス取得できる事が挙げられます。これは必ずしも好ましいことではないかもしれません。特にサーバ、システム側に無駄な負荷を増やすことになるので、無料メールアドレス提供側では数に制限を設けているところもあります。しかし、登録する基本情報を照合するわけではありませんので、いろんな名前で登録することで、いくらでも無料メールアドレス取得することは可能です。
ただ、いわゆる「捨てメールアドレス」として使う人は多いでしょう。複数のメールマガジンを購読することを条件に懸賞に応募する場合など、無料メールアドレス取得して活用する方法はよくあります。

無料メールアドレスで注目すべき機能は、迷惑メールフィルター機能だと思います。 いまや迷惑メールが来ないことはありません。何かの懸賞に応募するとほとんどと言っていいほど迷惑メールが来始めます。そのとき重宝するのが迷惑メールフィルター機能です。この機能は多くの無料メールアドレスサービスにあります。これをパソコンのメールソフトでやるには有料のメールソフトを購入することがほとんど。

ただこの機能で注意すべき点もあります。
迷惑ではないメールも迷惑メールフィルタにかかることがあることです。したがって、無料メールアドレスを利用する場合は、迷惑メール一覧も一応見ておく必要はあります。

以上、無料メールアドレス取得についてでした。
posted by 無料メールアドレス 取得 at 06:29| 無料メールアドレスを取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。